メディシナルケミストリー分野  大学院修士課程 医歯理工学専攻  大学院博士課程 生命理工学系専攻

周囲からもらったアドヴァイス

研究がうまく進まない時はこうして乗り越える!

  • 原因を思いつく限り全て紙に書き出す
  • 失敗から学ぶことも大切
  • 自分の行っている反応の反応機構や物質の等性を考える
  • 論文の調べ方を教わった
  • もう一度やってみる
  • これまでのScienceを否定しない範囲で“普通”ではやらないことを試してみる
  • 原因と結果を詳細に分析・考察して次の実験で試すを繰り返す
  • 「大丈夫、なんとかなる!」 「絶対できる!」と励まされたこと
  • 反応が進行しないとき、別の試薬を提案されたこと
  • 指導教員から教えていただいたこと、アドヴァイスはすべて貴重なものでした
  • 「あきらめないことが大切」と言っていただいたことが心強かった
  • やれるかどうかではなく、やる!
  • 次に打つ手が無くならないよう、リスクヘッジを出来る限り用意しておくべきだということ
  • 保護基が過熱で焼き切れることを防止するため、反応チェックを乾燥機で行うということ
  • どういう工夫をしたら実験がうまくいくかなど、先輩方が自分の経験から具体的にアドヴァイスしてくださったとき
  • 「色々幅広く試せばいつかきっといいことがあるが、ただやっているだけではだめ」
PAGETOP
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所6階
Copyright © Tokyo Medical and Dental University Tamamula Lab. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.