メディシナルケミストリー分野  大学院修士課程 医歯理工学専攻  大学院博士課程 生命理工学系専攻

週報・セミナー

週報   各自が研究の進捗状況を先生に報告する機会です週に1度行われます.

 

  • 自分の研究が迷走しないためのストッパー
  • 標を事前に設定でき、そこから逆算して研究を進めやすくなっている
  • 自分の研究を見つめなおす機会
  • 学生時代の小テストのような位置づけ
  • コツコツ積み上げていけば必ず得るものがあると信じる
  • 実験がうまくいかない理由を教えていただき、修正できる
  • 自分がやったことの再確認
  • 自分の週報の用意をすることで、その時行っている実験の意味や問題点などを整理する機会になる
  • 先生方からアドヴァイスをもらえるので研究に活かせる
  • 週報の積み重ねがセミナー(で発表すること)につながる次回の週報までに目標を決めて、なるべく達成できるように心がけている
  • 次の週報までにここまで進めよう、という目安にしている

セミナー   当番制で、文献紹介及び自分の研究を発表します週に1度行われますので、年に数回、自分の番が回ってきます

  • セミナーは別の合成ルートの検討に役立っている
  • セミナーは、内容がわからない場合でも、発表の仕方が参考になる
  • 自分では発見できなかった疑問の解消に役立てている
  • 自分の視野の穴を埋め、広がるように役立てる
  • セミナーでも一目置かれる存在になる、と思いながら頑張る
  • 様々な研究者の方々の考え方を得て、客観的視野を持って研究に取り組むようにしている
  • 他の人の研究の進め方や色々な意見が参考になる
  • 発表の仕方を学べる良い機会社会に出てからも役立つと思う
  • 受け答えは学会での質疑応答の練習にもなる
  • 違った視点やアドヴァイスをもらえる良い機会
PAGETOP
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3-10 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所6階
Copyright © Tokyo Medical and Dental University Tamamula Lab. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.